なぜ腰痛が無くならない?

先日、書店のスポーツ関連の書籍が並ぶコーナーに立ち寄りました。

 

よくあるイメージで、各競技に関する書籍が並ぶ一方、

 

目につきやすい下段に平置きになっている書籍は、

 

「ダイエット」や「肩こり」「腰痛」に

 

関するものが多く並んでいました。

 

その中で腰痛に関する書籍をいくつか手に取って見てみましたが、

 

共通点は“骨盤を立てなさい”

 

と書いてある事。

 

骨盤を立てれば

 

背骨のカーブが正常に戻る・・・

 

背骨のS字のラインが・・・

 

姿勢が・・・立ち姿が・・・

 

様々な言い回しではありましたが、

 

一様に“骨盤を立てなさい”

 

????

いやいや、コレ・・・

 

腰反ってますよね!?

 

こんな事したら腰痛なんて悪・・・

 

これが腰痛が無くならない原因です。

 

“骨盤を立てる”

 

コレに関しては私の周りでも

 

よく使う言葉です。

 

でもハッキリ言って

 

意味が全く違う!

 

こんな事を書くと、

 

いやお前何言ってんの?とか何様?

 

とか言われかねませんが・・・

 

だったらなんでこれだけ腰痛に

 

関する本が並んでいて、

 

それも一冊1000~2000円位のお手頃価格で、

 

なぜ腰痛が無くならないのか?

 

ドラッグストア時代の話ですが、

 

1本4000円も5000円もするようなコルセット(腰痛ベルト)

 

売れてました。

 

シップや塗り薬も当然のごとく。

 

腰痛に苦しんでいる方はたくさんいる。

 

改善するための情報は世の中に溢れている。

 

でも腰痛は無くならない!

 

これって絶対おかしいと思いませんか?

 

因みにですが上記ドラッグストアの店長時代、

 

(会社には内緒でしたが)

 

店内でお客様にちょっとしたトレーニングを

 

試していただいたことがありました。

 

その方は立ち姿を見れば一目瞭然。

 

絶対腰痛いやろ!という立ち姿で、

 

サポーターのコーナーを見ていました。

 

近くに行き「腰痛ですか?」と声をかけると、

 

「結構長いのよ。前もこんなのしてたんだけど最近また悪くなって・・・」

 

と腰痛時に巻くベルトを指されました。

 

そこで私がとった行動。

 

ハッキリいって商売人としては

 

最悪(笑)

 

簡単な立ち方のコツをお伝えし、

 

その後長座で行うトレーニングを売り場に実際に自分が座って

 

見ていただきました。

 

そしてベルトは

 

売りませんでした。

 

 

数日後同じお客様が来店。

 

「どうですか?」の質問に対して、

 

「まだちょっと痛いけど良くなった!」

 

その後この方がどうなったかは知りません!

 

なぜなら1か月後、転勤が決まっていたから!

 

売り場に座ってトレーニングのやり方・・・

 

こんな事やってたら普通に会社に怒られます(笑)

 

その地域を離れる事が決まっていたからこそやってみたわけです。

 

でも!

 

たった数分間のレクチャーで、

 

痛いからベルト→コレならイケそう!

 

に変わったわけです。

当然腰痛の度合い等で個人差はあります。

 

意味をしっかり理解していなければ、

 

トレーニングをしても必ずしも効果が得られるとは限りません。

 

しかしながら、しつこく書きますが、

 

数分間で、簡単なポイントだけで、

 

改善したというのも事実。

 

書いていいのか分かりませんが・・・

 

もう時効!?

 

コスモスの八女店の店長時代の話です(笑)

 

その後、少しの期間ではありましたが、

 

来店する度、店長いる?

 

と声をかけていただきました。

 

そんなわけで、長々と書いてまいりましたが

 

最後に今回言いたかった事!

 

“骨盤は正しく立てなさい”

 

日本中からなんて大それた事は言いません。

 

でも私の周りだけでも、

 

腰痛に苦しむ人がいなくなりますように(笑)

 

そんな思いを綴ってみました。