代表校決定!

7月9日に開幕した福岡大会。

 

遂に今日決勝戦が行われ、

 

九国大付属が見事三連覇を成し遂げました。

 

ここ数年、結果だけは確認するような感じだったのですが、

 

今年の夏は全く違う気分で夏の大会を迎えました。

 

そして今日は仕事というか、勉強のためというか・・・

 

母校の応援に行ってきました(笑)

 

そして改めて感じた事。

 

やっぱり根本にあるのは基本的な事。

 

 

今日の決勝でも特に目立つ選手が。

 

本当に平凡な外野フライを打ち上げても、

 

万が一落球するようなことがあれば

 

一気に3塁まで陥れるような勢いでダッシュ。

 

内野ゴロであっても、本当に一塁まで全力で駆け抜けます。

 

その選手とは・・・

 

九国の1番、ライトを守る中山君です。

 

彼は昨年もレギュラーとして甲子園で活躍した選手です。

 

今日も多くの小中学生が観戦に訪れていましたが、

 

ああいう姿を見て本来のあるべき姿を学んで欲しいと感じました。

 

ピッチャーはしっかり腕を振って投げる。

 

バッターはしっかりスイングをする。

 

ランナーは全力疾走。

 

多分野球を始めると誰もが一番最初に習うであろう基本中の基本。

 

ですがやっぱり腕を振り切って気持ちの入ったピッチャーの球は、

 

球速など数字では測れない威力を感じます。

 

そしてしっかり振ってくるバッターのスイングは怖い。

 

全力疾走は守備側にとって相当なプレッシャーになります。

 

強いチームにはやはり強いだけの理由がある。

 

そんなメッセージが込められているかのようなプレーの数々でした。

 

そしてやっぱり体が大きい!

 

スタンドには九国の甲子園メンバーも応援に駆けつけていましたが、

 

厚みが違いました(笑)

 

これから高校野球に挑戦する中学生や

 

高校野球を引退し、さらに上のレベルで戦おうと考えている選手達は、

 

もう一度基本をしっかり洗いなおして

 

次のステージで大活躍してもらいたいですね!