新たなステージへ

自由ケ丘高校の夏が終わりました。

 

自由ケ丘 2010011060 11

九国大付 5001203001 12

 

岡本君は4番手として5回の裏、ノーアウト満塁からの登板。

 

内野ゴロの間とスクイズで2点を失いましたが、

 

気持ちの入ったいい投球でした。

 

最終回、土壇場で飛び出した代打長濱君の同点満塁ホームラン!

 

球場全体がどよめきました。

 

試合後、ベンチから出てきた岡本君の第一声。

 

「切り替えます」

 

もう次のステージに向け方向転換できているとは・・・

 

正直びっくりでした(笑)

 

でもそれ以上に、すでに前を見据えて進もうとする心に感動!

 

 

こっちの方が余韻に浸っていました。

 

でも夏の大会は本当に独特!

 

優勝候補と言われ、春の九州大会を制した福大大濠。

 

準優勝の西日本短大付属。

 

上位進出が予想されていた九州や九産。

 

北部では小倉や東筑など、

 

実力あるチームが次々と敗退する中、

 

本当によく戦ったと思います。

 

最後に母校にやられるとは・・・(笑)

 

でもここからは切り替えて、

 

母校の3期連続夏の甲子園出場を祈ります!

 

最後にこの夏の思い出写真。

 

 

 

いつかきっと自分が関わった選手が甲子園の切符を手にする事を夢見て!

 

この夏の高校野球はここまで!