『正しい』事の重要性

今回のテーマは、

 

『正しい』事の重要性。

 

なぜ今こんなテーマかというと、

 

努力はしているが、やり方が違うために思うような結果が得られない。

 

そればかりか、ケガのリスクを高めてしまっている

 

と感じる出来事があったからです。

 

もちろん勉強と違い、

 

スポーツには、「これが正解」

 

と言えるものは限られています。

 

とはいえ正しいとされるもの、

 

理想と言われるものは存在しています。

 

また冒頭でも書きましたが、

 

正確に出来ていないことで、

 

上達しないだけでなく、

 

ケガのリスクを高める事

 

つまり下手になる事もあるという、

 

何ともやりきれない状態に陥ることもしばしば。

自分の努力がマイナスに働くという、

 

最悪の結果を招かないためにも、

 

正しい方法でトレーニングを行うことが必要です。

例えば腕立て伏せ。

 

腕立て伏せひとつとってもどこを鍛えたいのか?

 

何のために鍛えたいのか?により、

 

手を置く場所や腕を曲げる方向、

 

どこを意識するのかなど、

 

様々な事が変わってきます。

 

当然ながら、正しいか否かにより効率もかなり変わります。

 

腕立て伏せで腕だけを鍛えた人、

 

腕、握力、腹筋、背筋、前鋸筋など、

 

トータルで鍛えられた人。

 

両者を比べると、

 

圧倒的に後者の方が効率くなります。

 

そして、スポーツでは現役でいられる時間は限られています。

 

どんなにスポーツが好きであっても、

 

スポーツに人生を掛ける覚悟があったとしても、

 

ある一定のレベルに達していなければ、

 

現役で居続ける事が出来ないのがスポーツです。

 

だからこそ、限られた時間の中で、

 

少しでも効率よく効果を得られる

 

『正しい形』が重要なのです。

 

やみくもに取り組むのではなく、

 

正しい形を学ぶ事をおススメします。