夏バテの原因と解消法

体を冷やしすぎるのはダメ!

最近ジメジメとすっきりしない天気が続いていますね・・・梅雨が終わればいよいよ夏本番!

 

引退をかけた試合も多く行われるこの季節ですが、暑さに負けてしまうこともしばしば。

 

季節的には少し早めですが、予備知識として投稿しておきます。

 

ところでみなさんは夏バテを経験したことはありますか?

 

食欲がない、寝ても疲れが取れない、やる気が出ない・・・

 

下の写真は、典型的な夏バテのパターンを表しています。

暑さを凌ぐには冷たいもの!

 

気が付けば冷蔵庫に手が伸びる・・・

 

そんな方も多いはず。

 

また運動をする方は、

 

汗をかくため水分補給をしますね。

 

水分補給をしなければ、

 

熱中症などの危険もあるので、

 

水分補給は

「絶対」必要です。

 

 


また、夏場はそうめんやざるそば、ひやむぎなど、冷たい麺類を食べる事も多くなると思います。

 

しかし、冷たい食べ物や飲み物は、内臓を冷やしすぎてしまいます。

 

そうすると、胃の周りの毛細血管が縮んでしまい、血の巡りが悪くなります。

 

血の巡りが悪くなると栄養が足りなくなり、胃はガス欠状態になってしまい、働きが低下し、胃酸の分泌量が落ちます。

 

「胃酸は減る→水分を摂る量は増える」となると、当然胃酸は薄まります。

 

胃酸が薄くなると、食べたものを消化する事が出来なくなるのは想像がつくと思います。

 

消化が進まなくなると、いつまでたっても胃に物が残ってしまうため、食欲は低下してしまうのです。

 

こうなると慢性的に栄養が足りない状態になり、夏バテの出来上がりです(笑)

 

では、ここから先はいかにして夏バテと戦うか、もしくは夏バテになってしまった場合にどう対処すべきか、

 

簡単な例を挙げながら紹介していきます。

食事で改善!

 

食欲が落ちてくると、食事が偏りがちになります。

 

特に冷奴や麺類など、冷たくてのど越しの良いものが多くなりやすいのではないでしょうか。

 

しかし、たんぱく質やミネラル、ビタミンなども体にとっては必要不可欠。

 

そんな時は具を多くしたカレーなど、栄養を満遍なく摂りやすいメニューにするなどの工夫も必要です。

 

そうめんも出しに鶏肉や椎茸、葱などを入れる、冷たいぶっかけうどんなども食べやすくてよさそうですね!

体の変化に注意!

 食欲が落ちていると感じつつも、放置してしまっては意味がありません。

 

毎日決まった時間に体重を計測する事で、自分の体調の変化を感じる事が出来ます。

 

また目で数字を確認する事で、

 

何となくではなく、明確に増えているか減っているかを確認でき、

 

食事に対する意識を高める事が出来ます。


水分補給にひと工夫!

 

水分補給は大切ですが、ただ単に摂ればいいわけではありません。

 

一度に大量の水を飲むと、胃の中が水で一杯になってしまいます。

 

コツはまず運動前にコップ一杯分(200~400ml程度)の水分を摂る事。目安としては練習開始の30分程前だといいでしょう。

 

そして小まめに(のどが渇いていなくても)水分補給をする事。のどが渇いたと感じる=脱水が始まっていると考えるべきです。

昔の人は偉かった!?

 

昔から、そうめんには生姜、蕎麦にはわさびや葱・・・お決まりですよね。

 

いわゆる薬味ですが、香りや味を加えるだけでなく、

 

健康面においても大きな意味があります。

 

例えば生姜。体を温めて血行を促進してくれ、殺菌効果もあります。

 

わさびは消化液の分泌を促進する効果や、

 

デトックス効果、美肌効果もあるといわれています。

 

昔の人は体を冷やすものと温めるものを同時に食べる事で、

 

爽快感と健康効果を両立させていたわけです。

 


以上、4つほど挙げてみましたが、他にも工夫次第で様々な夏バテ対策があります。

 

例えば夏場のスポーツの場面でも積極的に長袖を着用し、無駄に日焼けしないように努力する。

 

夜行う作業は極力減らして早めに就寝し、その分少し早く起きてみる。

 

エアコンも設定温度を下げすぎず、扇風機を併用する事で効率よく暑さを凌ぐなども夏バテしやすい体にしない工夫の一つです。

 

夏が苦手な方、毎年体調を崩してしまう方などは、上記のどれか一つでも意識して試してみてください。