正しい姿勢づくりの重要性

最近多いと感じるのが、中高生の運動部員の腰の痛み。

 

仕事がら、故障した選手に多く接する機会が増えたとはいえ、腰の痛みを訴える選手が非常に多いことに驚きです。

 

腰に限らず、痛みが生じた場合、病院や整骨院、整体などに通い、痛みが無くなる(軽減する)ように治療する事が多いはず。

 

しかし、痛みが生じた原因は(ぶつかった・ボールが当たった等の外傷性を除く)単純に「体の使い方が違うから」です。

 

いくら痛みを取ったとしても、使い方を変えなければ、【使う→痛める→治す→使う→痛める】の繰り返し。

 

そこで、正しい姿勢を学び、正しいトレーニングを行い、正しい使い方を習得する事をオススメしています。

 

限られた選手生活の中で、ケガで競技が出来ない時間は少しでも減らしたいものです。

 

正しい体の使い方を覚えて、限りある現役生活を楽しみましょう。

コメント: 0